ドラマ

DANCE&MUSIC 熱血学園ドラマ「押忍!!ふんどし部! シーズン2 〜南海怒濤篇〜」ストーリー

第11話「黒い七人の褌」(最終回)


あの世とこの世の境から蘇った北川(上山竜司)に、「浜島海斗は死んだんだ」と言われ混乱する海斗(木戸邑弥)。そこに現れた海太郎(八十田勇一)に、「僕は誰なんだ」と詰め寄った。ナビィ(安倍なつみ)に、すべてを話すようにと促され、海太郎は長年隠し続けた真実を語り始める。息子である海斗を海で亡くした海太郎は、ある時、海面に浮かぶ1人の少年を見つけて引き上げた。記憶を失っていたその少年に催眠術をかけて、自分が浜島海斗だと思い込ませたのだという。そして、海斗の本当の名前が明らかになった。しかしなぜ海斗は黒ふん流しの存在を知ったのか謎は深まる。黒ふん流しをするように暗示をかけたのは、海太郎ではなく・・・。

車先輩(古田新太)はユタであるナビィの体を借りて、自分の魂と引き換えに本物の浜島海斗を黒ふん流しによって生き返らせてやれ、とふんどし部たちに語りかけた。そして皆が見守るなか、生き返りの秘術とされる黒ふん流しの儀式がいよいよ始まった・・・。

ページトップへ

© cube inc. all rights reserved.