facebook連動型婚活アプリ

Facebookの設定や連携で気をつけること恋活アプリの多くは、Facebookのアカウントでログインできるfacebook連動型婚活アプリです。Facebookを本人確認として利用することで、安全性が確かなアプリとなっています。

つまり、Facebookのアカウントがなければ登録することができません。Facebookは本名の登録が必須なので、恋活アプリも本名での登録となり、本人情報や年齢などを確認できるため、サクラや業者などの利用が少ない安心で安全な仕組みとなっています。

でも、FacebookのようなSNSは他にもあるのに、どうしてFacebookなのでしょうか?それはFacebookが実名登録制で、簡単に複製することができないからです。

Facebook上の友達に婚活アプリを利用していることはバレる?

Facebookと連動していても、自分の本名が婚活アプリ上で広まるということはありません。なぜなら、婚活アプリは、プロフィールを設定する初期設定の段階で、表示名をニックネームに変更するからです。

しかし、婚活アプリによっては、Facebookアカウントを公開できる機能が付いているものもあります。これはマッチング成立後、数回以上メッセージの交換をした相手のみに利用することが可能です。

それによりFacebook上でも連絡をとることができたり、お互いのことを深く知れるようになります。ただしFacebookを公開することには危険性もあります

もし相手が信用できない相手だったら情報が洩れてしまう事になってしまいます。またFacebookを公開することはリアルに相手とつながるので、もしその後相手との関係がうまくいかなくなってしまった際にトラブルが生じる危険性もあります。

そのため、Facebookを公開する場合の判断は、相手をよく見極めて慎重に行うようにしましょう。

Facebookでの登録はとても安全

Facebookのアカウントを利用して婚活アプリを登録しても、個人情報が流出することや、Facebook上の友達に婚活アプリの利用がバレることはないと確実に保証されています。

そして、Facebookの認証を起用した恋活アプリは、他の登録方法よりも安全です。つまり、利用者が安全で快適に利用できるのは、各サービスのセキュリティ管理が24時間体制で行われているFacebook連携型アプリと言えるでしょう。

そのため、婚活アプリを利用する際にFacebookの設定を求められても、安全して利用されることをおすすめします。