男性が許せる年の差は何歳までが許容範囲?

男性が許せる年の差カップルは何歳差まで?男性が許せる年の差カップルをアンケートしたところ、次のような結果となりました。

男性が許せる年上の彼女(妻)の場合、第1位:5歳までが28%、第2位:10歳までが21%、第3位:3歳までが9.5%、第4位:1歳までが9.0%、第5位:6歳までが5.0%となっています。

一方、男性が許せる年下の彼女(妻)の場合、第1位:10歳まで23%、第2位:20歳以上16%、第3位:5歳まで12%、第4位:15歳まで、第5位:3歳まで6.5%となっています。

このように男性の半数以上は年上では5歳、年下では10歳までが許せる許容範囲のようです。

年上女性との交際のメリットとデメリット

年上の女性は若い女性と違い、さまざまな経験を積んでいます。仕事やプライベートでも自分のやり方があり、ポリシーを持っています。

そのため、男性にとって年上の女性は良い刺激を与えてくれる憧れの人とも言えるでしょう。

また、年上の女性には包容力もあり、寛容です。男の甘えも許してくれるため、お付き合いをすることで甘えることはもちろん、しっかりした彼女が時折見せる瞬間にかわいさを感じる男性も少なくありません。

さらに年上の女性は多くのこと要求せず、信頼できることに魅力を感じる人もいます。しかし、彼女が年上だと気を使う・・というデメリットもあります。

特に結婚や出産などを考えながら付き合う必要があるでしょう。また、年の差があるカップルは、年上の方が年齢を気にする発言をしてしまう傾向にあります。

間違っても肯定しないよう、年の差を意識せずにお付き合いをするようにしましょう。

年下女性との交際のメリットとデメリット

自分より年下の女性は、頼ってくれるので無条件で可愛くみえます。

また、年齢が離れていると喧嘩になることも少ないでしょう。さらに、いつまでも自分よりも若い彼女は、元気や若さなど活力を与えてくれます。

しかし、年の差が大きいと話題が合わない・・というデメリットがあります。また生活のリズムに違いが出ることで、自分の老いを感じてしまうことがあります。

特に休みの日など自分は家でゆっくりしたくても、年下の彼女はアクティブなデートをしたがるかもしれません。

無理して年下の彼女のペースに合わせれば、後日、疲れがでてしまいます。そのため、交際する前にメリットとデメリットを把握しておくことはとても重要です。