婚活アプリを併用するメリットとは?

婚活アプリの併用はしてもいいの?メリットとデメリット婚活アプリを併用するメリットとして、出会いが増えるという点が挙げられます。1つのアプリでは平均3人の異性に出会えると言われています。

単純計算をするなら、2つ併用すれば月6人、3つ併用すれば月9人の異性と出会えます。あくまでも平均的な数値なので、工夫次第でさらに多くの異性と出会うことも可能です。

また、多くの異性に出会えば、さまざまなタイプに出会えることになります。婚活アプリにはそれぞれ特徴があり、サービス内容も異なっています。

狙っているターゲット層も異なっているので、登録している会員にも特徴があります。そのため、複数の婚活アプリを併用することで、さまざまなタイプの異性とバランスよく出会えるでしょう。

それは経験にもつながり、異性に対して余裕が生まれ、客観的に物事を分析できるようにもなります。

婚活アプリを併用するデメリットとは?

婚活アプリを併用していることがメッセージのやり取りをしている異性にバレてしまうと、相手に不信感を与えてしまいます

よほどのことがない限りバレることはありませんが、見つかってしまうと”軽い人”と思われ、今まで築いてきた関係が終わってしまう可能性もあります。

また、婚活アプリの併用は、費用がかかるというデメリットもあります。特にマッチングしない状況が数ヶ月続くと、費用だけがかさんでいき、辛く感じることがあるかもしれません。

婚活アプリを併用する際に注意すべきこととは?

婚活アプリのほとんどは、女性は無料で利用することが出来ますが、男性の場合はメッセージのやり取りをするために有料会員登録をする必要があります。

しかし、アプリによっては無料で交際へと発展できるアプリもあります。登録自体は無料で行えますので、無料でできる機能を把握して併用すると、費用も抑えられるでしょう。

また、Facebookと連携しているタイプの婚活アプリは、アプリ間でユーザー層がかぶっているというトラブルが生じています。

そのため、さまざまな年代層の方と出会いたい方は、アプリを併用する前にユーザー層を調べることをおすすめします。

アプリを併用しているとさまざまな出会いがありますが、慣れるまでは1~2人にし、慣れてきてから5~10人と少しづつ増やしていくようにしましょう。

メールの交換相手を増やしすぎると、時間をとられて疲れてしまいますので、適度な人数に絞り、アプローチすることをオススメします。